還暦野球 東京昭島W55野球日記

子供の頃から、大好きだった野球!70歳の古稀を過ぎても野球ができる環境がある。W55は、まだまだ野球ができる喜びを、多くの還暦選手と共に分かち合いたいとの思いでブログ公開しています。がんばれ、野球ジジ! ">
 
2022/09/28 14:22:00|還暦野球
特打の結果!昭島W55

《9月28日》
 今日の昭島市大神球場A面は、昭島ホエールズとレインボーの昭島WRチームと、強打の小宮ジャイアンツKチームとの古希戦だ。
 昭島WRは、77歳小嶋投手と86歳牧野捕手でスタート。試合は、小宮が1点取ると、昭島が1点取り返す。小宮が2点取ると昭島が2点を返すの試合。
 5回、昭島8番石川選手がDBで出る、次の代打W55がBD、10番牧野選手がまたDB。3ジィちゃんの珍しいDB3連発で満塁。ここで、月曜日に特打したW10熊谷選手が左中間にライナー2塁打を放ち、4対4の同点とする。
 最終回、4対6から昭島は1点返し、このところ体調、打撃ともに大不調の久保選手が打席に!見事にセンター前ヒットで2塁から秋山選手を入れて6対6とする。最終回、力投の小嶋投手が、W55の旧友吉田選手のヒット1本に抑えて、この試合を引分けとした。
 昭島Wは、投打で、粘り強く戦い、良い内容の試合をした。だが、小宮は、走者3塁でスクイズ、走者3塁でヒットエンドランで、2点をもぎ取った、昭島Wが目指す野球を、小宮Gにみせつけられた。それが悔しいが、やはり、さすがの小宮ジャイアンツである。
★昭島WR 6対6 小宮G
 試合後に、W5松原選手、W28坂本選手の特打をC面で行った、W36も特打を志願して参加した。月曜日に行ったW10、W15の特打では、それぞれ2打点、1打点の結果を出した。両者とも鋭い打球での活躍だった。今日の特打の3人、土曜日のR戦には、是非とも結果を期待したい。
 10月1日のR戦は、W55は用があり欠席で、八巻代表に監督代行をお願いした。西東京は足があり強いチームだが、今の昭島Wの粘り強さを出せば善戦できる。
★W33 10/1 10:30集合 対西東京R戦   ★昭島W55齊藤修(たまに出たらDBでした!)

​​​​​








2022/09/26 13:20:00|還暦野球
バットを短く!? 昭島W55

《9月26日》
 雲一つない、素晴らしい青空、昭島ホエールズは、先週、天気に恵まれず1週間、練習・試合ができなかった。今日は、この秋空の中、昭島大神C面で練習をした。
 秋大会のR戦では、2試合ともよい投手でヒットが打てなかった。対抗するためにバットを短く持って、鋭く振っていこう!との提案があった。練習前に、その提案について、皆の意見を求め、バットを短く持って練習してみようと諮った。
 ところが意外や、賛同する選手は少なかった。自分のバッティングを崩したくないとの気持ちだという。そこでバットを短くは選手に任せ、センター中心に打球を飛ばすことで練習を始めた。
 練習では、W10熊谷選手やW28坂本選手が、短くバットをもって打撃に取り組んだ。不振の熊谷選手は、短くもってセンター中心に打球を運んだ。
 
坂本選手の短くバットは、まったくダメだった。打撃投手を石川選手から、W55に替り、バットを従来の長くもっての打撃に戻した途端に、外野に強打が飛び始めた。打撃後に、W28に聞いたところ、短く持つのは「マッチ棒を振っているみたいだった」と。
 
練習後、試合では、状況に応じてバットを短く、センター中心にはじき返す意識で打撃していくことは、皆が合意した。
 水曜日の古希の試合後に、R戦に備えて、再びC面でW5松原選手、W28坂本選手の特打を行う。この二人の打撃向上が、昭島Wの勝利への起爆キーとなると思うから。
★昭島W55齊藤修








2022/09/24 14:41:00|還暦野球
監督の打撃 昭島W55

《9月24日》
 台風14号の降雨で、今日の昭島ホエールズ対東京エンデバーズとのR戦は中止となった。昨日の夜9時過ぎに中止の連絡網が入った、確実に中止状況の時は、前日に連絡をもらう方が嬉しい。
 今週は、コンディションが悪く試合も練習もできなかった。このため月曜日に出席可の選手にはに練習するとの連絡メールを流した。
  秋の大会試合も、R戦残り5試合を含めて15試合あまりだ。後期も、1点を取る、1点を取られない野球に徹して行こう。下手でも丁寧な野球で上位を獲得してきたのだから。
 W55は何時でも出られるように練習は積んでいる。他のチームでは、監督が試合に出て活躍しているのを見る。後期、まだ一度も打席に立っていない。練習で打てても、試合で打席に立たないと、ボール慣れしない。
 W55は、同僚選手を比べ飛距離は落ちてきているが、まだまだ、ヒットを打つことはできると思っている。ベンチ選手のことも考えながら、もう少し出てみるのも、チームへの刺激になるかもしれない。
★昭島W55齊藤修







2022/09/21 16:59:00|還暦野球
オープンから・・昭島W55

《9月21日》
 今日の小北とのM戦は、昭島大神のコンディション不良で中止となった。午後から時間が空いたので、トレナさんにお願いしてあきる野Gで60球ほど打たしてもらった。
 W55の今季は、KM戦のみの出場で、現在まで7打数4安打だ。R戦も出たいが、勝敗優先なので遠慮は当然のことなのだろう。
 今季は、監督なので打撃など出場機会が減った。出番が減ると打撃のパワーが落ちる。腰の切れも悪くなる、前に出て押すようなバットの出方となる。最悪だ。
 9月に入り改善のために、オープンスタンスから、右軸足に乗せ、右ひじをたたむことを意識しての打撃に取り組んでいる。飛距離は確実に10mほど伸びた感じだ。
 オープンにすると速い球打てないよ!という人もいるが、タイミングの問題だと思う。フォームが固まってきたので、BTCに行って120Kで打ってみる。120kは、打てなくでも挑戦してると、以下の球は良く見えて自信が湧いてくる。なによりスイング速度は、まちがいなく速くなる。
 後期の試合には、まだ、一度も打席に立っていない。1本のヒットの喜び、幸福感を味わいたい。なによりチームの勝利に貢献するヒットを打ちたい。これが最高だよ!★昭島W55齊藤修
★W33 → 9月24日8時30分集合対東京E戦、(注)大南球場。
★コメントに、なるほど!! そうか!








2022/09/17 17:03:00|還暦野球
頑張る!昭島W55

《9月17日》
 昭島ホエールズは、1部の最下位だ。従ってR戦では、上位チームから対戦する。R戦の第2試合は、東久留米OSだ。2年前に対戦したときは、0対13で、花野投手を打てず、さらに1番打者の大桃選手の活躍に守備陣が戸惑い、まったく手も足も出ずの負け試合だった。
 昭島W先発は山邊投手。1回、2回と2死から守りの失点、3回はライトに3塁打で2点を失う。4回昭島Wは、3塁走者の枝広選手を山邊選手の内野ゴロで1点を返す。その裏の東久留米、走者2人を置いて10番永尾選手の3点HRで大差のリードを広げられる。
 今までの昭島Wなら、ここでダウンだが、今の昭島Wは渋とくなっている。6回、代打の田中選手のDBから秋山選手のヒット、坂本選手の内野ゴロの送球ミスから2点を返し、さらに、走者3塁から山邊選手のライトヒットで、計3点を返した。だが、前半の大きい失点が挽回できずに時間切れ負けとなった。
★昭島W 4対9 東久留米OS 
★今日の試合に負けたが、昭島Wは、確実に10%は実力を上げている。来週は、上位2位の東京エンデバーズとの対戦だ。頑張って、更に良い試合をしたい。
★昭島W55齊藤修


 







[ 1 - 5 件 / 429 件中 ] 次の5件 >>