てんこもり情報局!西多摩マルかじり
 
2010/09/28 18:05:27|情報局からのお知らせ
写めっちゃHappyメール大募集〜!
皆さんの携帯などで撮影した写真を気軽にお送りください!

愛しいペットの笑えるショット
旅先でこんなもの見つけました!
早咲きの庭の梅です


などなど、
何気ない日常の一こま、ちょっぴりHappyをもらえる画像を送ってください。
できれば簡単なメッセージも添えて

こちら まで

Happyなワンシーンを写しては
マルかじりへどんっどん投稿してくださいね!
採用された方には抽選で
ワーナーマイカルシネマズ日の出のペアご招待券をプレゼント


みなさんからのお便り、お待ちしてまーす







2019/05/19 15:38:00|西多摩で食べる
ハイから一族

福生市田園、田園通り沿いにある、
から揚げ専門店「ハイから一族」。
ハイクオリティをウリにしている味自慢のお店です。

ご主人は、旨いから揚げで評判の
居酒屋「NONDE幸」も経営しており、
さらなる”道の追究”のため、この専門店をオープン。

ハイクオリティの秘密は、油と粉に!
米油を使い、べたべたせずサクッと感を保ち、
衣に使用しているフランス産の片栗粉は
とてもきめ細かく、揚がった状態が美しく仕上がるのだそうです。

から揚げは100グラムから注文できます。
ベースとなる醤油から揚げのほか、
塩と味噌も人気です。
ほかにもなんと、シャリシャリレモン塩や
チェダーチーズ&バジル、激辛など、
レパートリーに富んだ季節商品が盛りだくさんなんです。

もたれず、サクッといくつでもいけちゃう、
ハイから一族のから揚げ。
イートインもテイクアウトもできますよ。

=================
ハイから一族
福生市北田園1-6-9
営業時間 11:00〜21:00
定休日 水曜日
042-848-5515
地図
=================







2019/05/14 13:05:37|西多摩で食べる
手づくり工房四季の家

やってきたのは奥多摩町白丸にある
手づくり工房「四季の家」ピカピカ

ここには、奥多摩の自然が商品となったお土産がたくさんあります。
お味噌が有名ですが、最近注目されているのが東京の森ピクルス」です!

「東京の森ピクルス」は2017年に開発されたもので、見た目がとってもおしゃれ!
ピクルス好きな方にはもちろん、女性へのプレゼントとしてもとっても喜ばれそうなお土産ですよね
そしてそのお味は、宿泊施設「はとのす荘」の料理長が監修したもの!美味しさもお墨付きです。

年間で20種類以上のものが商品化され、奥多摩・青梅の旬がぎゅっと凝縮されています。
季節ごとの本来の美味しさを感じてもらいたいということで、余計なものは一切はいっていません!

使用されている野菜は色々ありますが、それぞれの素材に合わせて酢や砂糖、香辛料の割合が全て違います。
中には、食感を活かすために冷凍タイプのパック商品も!
この季節に一押しというのが、奥多摩産のワラビのピクルスあく抜きをしてからビンに詰めて、絶妙な酸味バランスの酢と合わせて完成…!

どの商品もひとつひとつ手づくりの数量限定の商品です。まるおディレクターもピックリするほどの美味しさ!ぜひお早めにお買い求めくださいね!

===================
手づくり工房四季の家
奥多摩町白丸313
TEL 0428-83-3365
営業時間  10:00〜17:00
定休日  月曜日
Pあり
地図
ホームページはこちら
====================







2019/05/14 12:50:00|西多摩で食べる
OMUSUBIYA

手作りおむすび専門店、OMUSUBIYAらんか
2019年3月、あきる野市秋川にオープンしました!
なんと朝5時から開店。テイクアウトはもちろん、店内でのイートインもできます。

オープンのきっかけは、お客さんからの要望ピカピカ
店主の清水さんは他にも飲食店を経営していて、そこの常連客の方の中に朝早く出勤する職人さんたちが多く、朝5時から手作りのおむすびが買えるお店を始めることに…!

おむすびのプロと言えばやはり、お母さんの味!
握るのは現役で主婦やお母さんとして活躍している方ばかり。
手際よく、良い塩加減と握り具合で仕上げていきます。

使用しているごはんは、栃木県産コシヒカリ。
ひと握り130グラムと、かなりのボリュームです!おにぎり
タマちゃんディレクターが試食させて頂くと…
気になるおむすびの中には…焼きたての鮭そして山梨県産の珍味「なんばん」味噌風味が!ワイワイ

鮭は焼いてほぐしてありホロホロ、これが良い塩加減…!ごはんによく合います!
「なんばん」は、店主の清水さんのご実家で作られているもので、清水さんも子供のころから食べていたそう。まさに家庭の味ですね!
ピリッとした辛さがたまりません…お店でも人気の知る人ぞ知るご飯のおともなんだそう!

そして何と言っても嬉しいのは、できたてのむすびたて!
コンビニエンスストアのおむすびではもう物足りない…という方、ぜひOMUSUBIYAらんかさんのおむすび召し上がってみてください!ピカピカ
きっとリピーターになっちゃいますよ〜!おにぎり

===================
OMUSUBIYAらんか
あきる野市秋川3-8-4
TEL  080-7940-9925
営業時間  5:00〜15:00
地図
===================







2019/04/29 19:09:33|西多摩で食べる
男盛

青梅市河辺町、奥多摩街道沿いに新たなラーメン店がオープンしました!名前は男盛」。
なんという勇ましい名前でしょうか……こちらは埼玉県の入曽から移転してきたお店で、ウワサでは豚コツ・背脂・極太麺の二郎系なんだとか…?!

これは食べてみないわけにはいきません!
ということで早速まるおディレクターが注文したのは、オススメという麺300gのラーメン。
これだけでもかなりの量の予感がしますが…
さらにテレビ映えを考慮して、無料でトッピングできるという野菜増し脂増しで注文…!!

調理に取り掛かる厨房内。
ラーメンは豚骨醤油系で、厳選醤油ダレが入ります。
そして背脂をとって、シャリシャリシャリ…そ、そんなに入れてもらっていいんですか…?!
さらに出汁スープは国産豚の豚コツ100%!
頭から爪の先まで余すことなく使い、他のものは一切入っていません。トンでもなく美味しそう…!!

使用する麺は極太麺。菅野製麺に特注したものを使っています。
そしてその上にモヤシ、さらにマシの増量トッピングのモヤシが!ああ!背脂も容赦なくのってきます!ああ!!プルンプルンです!!!

カウンターから出されたラーメンは、もはやモヤシと背脂のタワー…!
スッ…と座るチャーシューの存在感。その重さ、なんと2キロ近くあります。こ、これは麺に到達するのにどれくらいかかるのでしょうか…ゴクリ。

まるおディレクターが時間を計ってみたところ、ひたすらモヤシと背脂をモグモグし続けて…
なんと麺に到達するまでに約7…!!!
大満足のボリューム…いやいやここからが本番の麺です!
ここでラーメンマニアの間で奥義「天地返し」の技が!ピカピカ
スープに浸かった麺をひっくり返して、麺が伸びるのを防ぎつついただきます。今回はご主人に伝授していただきました!

そして、がっつり麺をいただいて、完食!!
男盛のラーメン、標準の並でも十分にてんこもりですので、むやみにマシマシにしないようにお気をつけて…!
まずは美味しさをぜひ、ご堪能ください!!

====================
らーめん男盛
青梅市河辺町6-3-3
TEL  0428-84-2880
営業時間  11:30〜14:45
                17:30〜21:45
定休日  水曜日
地図
Facebookはこちら!
=====================







[ 1 - 5 件 / 1193 件中 ] 次の5件 >>