ちびちこのまったり日記。

2008年2月3日生まれの柴犬女子「小梅」との楽しい日々を紹介します♪ (写真はクリックすると、大きくなります。)
 
2017/07/29 17:33:50|お友だちワンコさん。
ひめねえさん、ありがとう。

久しぶりの投稿になってしまいました。
その間、いろいろあったのですが、
小梅のお姉さんとして君臨していた
ヒメ姐さんが、今日の明け方、虹の橋を渡りました。
15歳と5ヶ月(あと2日で6ヶ月)でした。

思えば小梅が我が家にやって来るときから
ヒメ姐さんは小梅の全てを知っている、
唯一のワンコでした。
5月9日、体調をヒメが体調を崩したと、
叔父から連絡があり、介護食などを与え
5月20日にはまた歩けるほど回復しました。
9日、正直もう長くないな、と思えるほどの体調で
20日の復活は本当にうれしかった。

友人からもらったバギーをヒメ姐さんに持って行くと
持って行った日は小梅がいるからって使わないで
叔父と歩いていたっけね。
そのあとは、楽ちんだって味を占めて、バギーでお散歩を
楽しんでいたんだよね。姐さんらしいや。

6月24日には我が家にやってきて、少し暑かったから
小梅のバンダナに保冷剤を巻いて首にしてあげたっけ。
おやつをふたりで取り合ってさ、
小梅も姐さんにとって、いい刺激になっていたよね。

7月24日、仕事で姐さんの家の側まで行ったから、
寄ったんだけど、叔父が留守だった。
でもエアコンのファンが回っていたから、
中でおりこうに留守番していたんだよね。
そのあとも、近くまで行ったのに、寄らなかった。
バカだよね、アタシあの時寄っていたら、
姐さんの様子がわかったのにさ。ごめんね。

今日、冷たくなった姐さんに家族みんなで会いに行った。
姐さんは本当に寝ているみたいで、
あれ?息してない?してるでしょ??って
何度も錯覚した。
昨晩は小梅のバンダナに保冷剤を巻いて、
早めに眠ったんだよね。
そして今朝がたそのまま眠るように空へ昇ったって…
叔父が起きたときはもう…
でも叔父は寝ていると思ったって。
しばらく寝かせていたんだけど、起きないからって…
姐さんらしい。絶対に叔父の手を煩わせなかったもんね。
最期までそうだったなんて…

姐さん、本当に本当にありがとう。
貴女が柴犬の素晴らしさをワタシに教えてくれたんだよ。
潔さ、美しい強さ…本当に美しく気高い子だった。
どんなにありがとうを言っても全然足りないよ。
いつか小梅もワタシもそっちへ行くから、そのときはまた
おやつの取りっこ、しようね。
姐さんのことは、ずっとずっと忘れない。
忘れるわけないよ。忘れるもんか!
どうぞ安らかに…

叔父の子になってくれて
小梅の姐さんになってくれて…
本当にありがとう。これからも見守ってね。





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。

※コメントは投稿後、ブログの管理者が承認した後に表示されます。