俳句独りよがり

自作の拙い俳句、短歌、川柳などをご紹介します。  ※写真はクリックしてご覧ください。 ※ 俳句の趣味でない方にもご覧いただいておりますので、読み方を付記することがあります。
 
2022/10/09 7:46:30|俳句
甘い
柿の木と蜜柑の木で庭の大半を占拠しているのですが、蜜柑はともかく柿はほとんど実をつけません。
剪定が悪いのか毎年数個ですがほとんど落ちてしまいます。
葉陰に一個だけ残っていたのを今日捥ぎました。
実も大きく、結構甘かったです。


---------------------------------------------------

柿一つ向こうに青き空一つ

散り敷けど香の豊かなり金木犀


----------------------------------------------------







2022/09/12 13:10:32|俳句
夜の訪問者
写真は秋灯に寄ってくるお客様です。句は昨日の句会で高得点を得た句です

-----------------------------------------------

白桃やオーボエ嬢の頬豊か

-----------------------------------------------







2022/08/25 14:00:31|俳句
バッタ
庭に飛蝗が来ていました。

-----------------------------------------------

行く先を考へてゐる飛蝗かな

-----------------------------------------------







2022/08/13 15:35:55|俳句
あまり外に出る機会がないので、被写体にも恵まれませんが、昨日の夕方、食事の調達に西友へ行きました。
四階の駐車場から、消え去る寸前の虹が見えました。
スマホで撮りました。


-----------------------------------------------------

一張の虹消えなむとして街暮るる

------------------------------------------------------







2022/08/08 12:15:00|俳句
白石さんゲスト出演の夢のコンサート

昨日、川口市の「フェリーチェ音楽ホール」で開催された「千田悦子&南雲彩ジョイントコンサート」に行ってきました。

お目当ては勿論ゲスト出演の「白石佐和子」さんです。
何れも武蔵野音大の同窓生、えり抜きの美女三人です。
出演者のプロフィールは写真のとおりですがハープ、ピアノ、ソプラノの美音美声に夢のようなひと時を過ごしてきました。
クラシックやオペラの知識など皆無に等しい私にも十分楽しめます。

楽器の演奏やクラシック、オペラ歌唱、日本の歌曲など取り混ぜてのプログラムで、退屈するような事はありません。
ハープを運ぶ苦心談、温泉に入るときに、指がふやけないように両手を上げて入るなどの裏話も聞けます。



-----------------------------------------------------

秋立つやハープ誘ふ雲の果て

譜面読むうなじ涼しきピアニスト

ソプラノのつつむホールや秋暑し


------------------------------------------------------


※誘う=いざなうと読んでください。







[ 1 - 5 件 / 1147 件中 ] 次の5件 >>