俳句独りよがり

自作の拙い俳句、短歌、川柳などをご紹介します。 ※写真はクリックしてご覧ください。
 
2019/03/22 12:46:12|俳句
彼岸
昨日は、娘夫婦と孫が、妻の墓参方々立ち寄りました。
昼時だったので車に同乗し、日の出町のイオンモールに、買い物方々食事に行きました。
運転の心配がないので、ビールも楽しめました。
高二の孫は、野球をやめたせいか、ぶくぶく太り出しました。


------------------------------------------ ------

彼岸に来し孫の肥ゆるを諫めけり

------------------------------------------------

写真左、菜園縁の雪柳・右、早くも芽を出した馬鈴薯(クリックしないとよくわかりませんが)







2019/03/19 21:02:36|俳句
万物は流転する
どこかで聞いたような・・・
蕗の薹が長じて根元に葉っぱが出てきました。
冬を越したレタスはキャベツのように葉が巻いてきました。
春になって色んなものが活発にうごきはじめました。
私と言えば何の進歩もなく、いたずらに馬齢を重ねています。
実を言えば私は午年です。


--------------------------------------

置き所なき古本や春炬燵

--------------------------------------







2019/03/17 14:09:00|俳句
あるある旅行



昨日、一昨日と中学の同期10人と伊豆方面の小旅行に行ってきました。
伊豆は去年秋JAの主催で行き、この6月には旧友との旅が計画されています。
同じ所に何回も?・・・
行くこと自体が主な目的の旅、あるあるですよね。
前夜の睡眠不足と、伊豆山中の連続カーブで後部座に座っていたため、少しバス酔いしましたが楽しい旅でした。



--------------------------------------

眠るごと島影煙る春の海

うららかや止まりて回る水車


---------------------------------------


写真は現地のものではありません。
上、光巌寺、下、黒茶屋(ともにあきる野市の旧五日市町戸倉地区)







2019/03/12 20:20:00|俳句
スギ花粉

少し早いのですが、今日、お墓掃除に行ってきました。
勿論、お参りもしてきました。
何と、花粉症で悩んでいた妻の墓石が、選りに選って花粉で少し黄色くなっていました。
よく洗い流してやりました。




-------------------------------------------

花粉忌みし妻の墓石に杉の花

総身に光集めて猫柳

校門に何故かパトカー卒業期


--------------------------------------------


写真、上から、猫柳、三椏、梅

この梅は、品種はわかりませんが、花にピンクの斑点があり、この辺りではあまり見ない梅です。

猫柳も以前は川辺にいっぱいあったものですが、最近はあまり見ません







2019/03/07 1:12:49|俳句
卒業期
夕方から大学同期のS君と立川で痛飲、二部ではカラオケルームから、栃木のY君とガラケーを通じて、母校第二校歌の四番までの三重唱、「♪君の行くべき山川は落つる涙で見え分かず袖に時雨の冬の日に・・・♪」。
たまにはこんなことも良いですね。


--------------------------------------------

春の夜や校歌高唱果てもなし

-------------------------------------------


写真、左・踊り子草、右・大犬のふぐり







[ 1 - 5 件 / 951 件中 ] 次の5件 >>