俳句独りよがり

自作の拙い俳句、短歌、川柳などをご紹介します。  ※写真はクリックしてご覧ください。 ※ 俳句の趣味でない方にもご覧いただいておりますので、俳句特有の読みにルビをふることがあります。
 
2019/08/19 18:00:25|俳句
特許・新西瓜栽培法

何と玄関の軒下に、双子の西瓜が生らせてあります。
最近は、土に這わせるより、何かに上らせる栽培法が多いようです。
土に当たる部分が白っちゃけるのが防げるし、形も良くなるからでしょうか?
それにしてもこれは特許では・・・



--------------------------------------------

軒下に双子の西瓜生り下げて

--------------------------------------------







2019/08/18 14:26:27|俳句
無聊
Uターンラッシュも峠を越したのでしょうか?
日々無聊を託っているわが身には、あまり関係なき事柄ですが・・・
窓辺の草に、ミンミンゼミと思しき抜け殻がしがみついていました。

-------------------------------------------------------

ソプラノよ空蝉透くべしゆするべし

空蝉の儚きものにすがりをり


-------------------------------------------------------







2019/08/17 13:28:54|俳句
銀杏
夕方、散歩の途中の児童公園の歩道に、早くも銀杏が落ちていました。
日中の暑さのためか、誰も訪れなかったらしく、夕方まで残っていました。
手で触るとかぶれたり、臭かったりするので足で集めました。
食べるまでの段取りが面倒なので、そのまま置いてきました。


----------------------------------------------

秘め事の露見するやも銀杏の実

銀杏の智惠持つ如く遠近に

夕ざれど拾はれずあり銀杏の実


----------------------------------------------

※ 写真ぼけてます。







2019/08/15 21:59:00|俳句
戦意喪失
       
              今日は終戦記念日


写真左は、ベランダから撮った我が菜園、雨や酷暑を理由に、手を付けずにいたらこの有様・・・
茄子やネギ、キュウリ、ピーマンなどは完全に閉じ込められて、ミニトマトだけが首で息をしています。
掘り残したじゃがいもも、この中です。
完全に戦意喪失、大根やほうれん草の播種の準備を始めなければならないが、やる気が出なければ、冬になって草の枯れるのを待つばかり。
この冬の大根、ほうれん草、小松菜などは諦めなければなりません。
成るようにしかならないので、成り行きに任せます。


----------------------------------------

夏草や病手遅れかもしれず

只に只祈るばかりや敗戦忌


------------------------------------------

写真右、草の中から採り出した胡瓜、長い方は長さ40センチ







2019/08/10 21:02:00|短歌
劣化
人間年をとると、部品の劣化が激しい。
経年劣化の外に、使わない部分の劣化も並行する。
やることなすこと間が抜けてくる。
無念だがやむを得ない。

今日は久しぶりの短歌。


---------------------------------------------------------------------------------

目も耳も口も手足も劣化して劣化の脳はそれに気づかず

-----------------------------------------------------------------------------------









[ 1 - 5 件 / 1012 件中 ] 次の5件 >>