俳句独りよがり

自作の拙い俳句、短歌、川柳などをご紹介します。 ※写真はクリックしてご覧ください。
 
2019/01/23 12:33:09|俳句
トリオ・フルールのコンサートと人権問題講演会
狭山市主催の標記の会合を、トリオ・フルールの南雲彩さんのブログで知り、行ってきました。
トリオ・フルールはフルートの横山聡子さん主宰、ヴァイオリンの加藤恵理さん、ピアノの南雲彩さんで構成されているグループです。
私の好きな白石佐和子さんとは、皆さん武蔵野音大の同期生です。
蓮池薫さんの講演に先立ち、春から冬の曲(花〜雪)のメドレー、「浜辺の歌」加藤さん「月の砂漠」横山さん、その他ヨーロッパ、イギリスの名曲等何れも聞き覚えのある曲を美しく演奏されました。(つたない記憶による)
 
ピアノの南雲さん、(フォレスタのピアノ担当)が、メンバーが一時3名から2名になった時期を頑張られたこともあったせいか、増量計画もままならず、スリムな体型が一層スリムになられたようにお見受けしました。
ご苦労様でした。
 
白石さんの友情出演も、もしやと期待しましたが、三月早々に出産を控えたお体の故か、かないませんでした。
 
蓮池さんの講演
 
拉致の手段、経過、拉致の目的、北での生活、帰国に至る経緯など、ポイントを絞ってきわめて要領よくまとめられて、非常に聴き易い講演でした。
最後に質問の時間が設けられ、私も手を挙げたのですが、指名が得られませんでした。
聴きたかった内容は「身代金に関してと帰国後の北の影」についてですが、答えられない内容とも思われましたが、一応やってみたいのが私の悪い癖です。
コンサート、講演とも素晴らしい内容でした。しかも無料です。狭山市の人権推進室の皆様に感謝、感謝!です。
 

---------------------------------------------
 
 
外つ国のヴェールの隙や春隣
 

---------------------------------------------
 







2019/01/12 21:25:44|俳句
だるま市
青梅の冬の風物詩だるま市に行ってきました。
住吉神社の参道で古いだるまのお炊き上げがあり、神社を中心に、露店が青梅街道沿いの街並みを東西に埋める昔のままの風景です。
お炊き上げのすぐ横に、市の俳句連盟の仲間の句に交じって拙句(「尺八の抜け行く先の天高し」)の句板もかかっていました。


----------------------------------------------

福買ふと出でて酒買ふだるま市

-----------------------------------------------







2019/01/09 12:10:26|俳句
初雪
初雪だろうか、霰だろうか?
朝起きたら菜園が白かった。
あいさつ程度の雪でいかにも初雪と言った感じ。


------------------------------------------

初雪の分に過ぎざる白さかな

------------------------------------------








2019/01/08 12:32:34|俳句
新春雑感

増えたもの、喪中欠礼、年賀状をやめる人、しわ、年、忘れもの、病気、等々・・・

減ったもの、年賀状、お金、毛、忍耐力、記憶力、視力、聴力、脳細胞、等々・・・

(我がが小さき世界では)



-------------------------------------------

杣道の奥にひっそり初薬師

賀状引く喪中のはがき我が世界


-------------------------------------------







2019/01/05 19:57:19|俳句
梅開花

今日、日中は春のような温かさ、少し強く動くと汗ばむくらい・・・

散歩の途中、梅の開花を発見しました。



-----------------------------------------

探梅ややはりこの町この辺り

-----------------------------------------

写真・青梅市和田町にて、携帯で







[ 1 - 5 件 / 935 件中 ] 次の5件 >>