俳句独りよがり

自作の拙い俳句、短歌、川柳などをご紹介します。  ※写真はクリックしてご覧ください。 ※ 俳句の趣味でない方にもご覧いただいておりますので、俳句特有の読みにルビをふることがあります。
 
2019/12/07 21:49:00|俳句
細川庭園
白石佐和子さんの「椿山荘コンサート」の開演前に、近くの「文京区立肥後細川庭園」に行ってきました。
何時もは隣の「関口芭蕉庵」によるのですが、今日は一軒置いて隣のここにしました。
夕方なので写真の色は少し変ですが、池に映る紅葉や雪吊りはとてもきれいでした。
雪の少ない東京では、この雪吊り、実用と言うより観賞用と見ました。


---------------------------------------------

雪吊の見られるばかり池に映ゆ

---------------------------------------------







2019/12/05 18:19:00|俳句
クリスマスディナーコンサート
白石佐和子さん出演のクリスマスディナーコンサート〜オペラへようこそ〜in椿山荘へ昨夜行ってきました。
出演者と演奏内容はプラグロムのとおりです。
テーブルは舞台至近、1mも離れていない特等席、憧れの白石さんの美声美貌をじっくりと堪能しました。
先週の白内障の手術の功あって、髪の毛一本までくっきりと見え、今まで見たどんな白石さんよりも美しい白石さんでした。
そして、終演後には一人一人のお客さんに丁寧にご挨拶をされる白石さんの姿には本当に頭が下がります。
開演前のリハーサルから本番そしてお見送り、さぞかしお疲れのことと思います。
しかも8カ月の息子さんを育てながらのコンサートです。
あまり無理をされないようにと思っています。
かく言う私もツーショットをせがんだり、握手をして頂いたり大分ご無理をさせてしまいました。


-----------------------------------------------

歌姫のドレスの芳香聖夜に満つ

------------------------------------------------







2019/11/30 15:49:00|俳句
夜行性と思ってた狸だが、なんと、日中堂々と我が家の駐車場の前の道路に現れた。
20mばかり離れた写真だが、まぶしいのか目をつぶっている。
大分高齢のようで、目も朧のようだ?
いずれ孤独死は免れまい。
向かいのAさんの話では、大分前より出没しており、Aさんや近所の人がドッグフードやパンなどを与えていると言う。
我ともども良いところに住み着いた?
我が白内障は、26日の手術で両眼とも1.2まで回復、アフターケアーを残すばかり。
アルコールも、もう少しの辛抱だ。
狸にも手術を勧めたい。


--------------------------------------------

年の瀬やわが身に似たり老狸

--------------------------------------------







2019/11/20 19:25:00|俳句
秋から冬へその2
-------------------------------------------

裏道に咲きて山茶花散るも又

飛行機雲一本立ちの紅葉かな


-------------------------------------------







2019/11/20 19:14:00|俳句
秋から冬へ
誰も踏み込まない多摩川上流の切岸に、こんなきれいな紅葉があるとは!

---------------------------------------

静かさの外は紅葉と青空と

----------------------------------------







[ 1 - 5 件 / 1049 件中 ] 次の5件 >>