てんこもり情報局!西多摩マルかじり
 
2019/05/14 12:50:00|西多摩で食べる
OMUSUBIYA

手作りおむすび専門店、OMUSUBIYAらんか
2019年3月、あきる野市秋川にオープンしました!
なんと朝5時から開店。テイクアウトはもちろん、店内でのイートインもできます。

オープンのきっかけは、お客さんからの要望ピカピカ
店主の清水さんは他にも飲食店を経営していて、そこの常連客の方の中に朝早く出勤する職人さんたちが多く、朝5時から手作りのおむすびが買えるお店を始めることに…!

おむすびのプロと言えばやはり、お母さんの味!
握るのは現役で主婦やお母さんとして活躍している方ばかり。
手際よく、良い塩加減と握り具合で仕上げていきます。

使用しているごはんは、栃木県産コシヒカリ。
ひと握り130グラムと、かなりのボリュームです!おにぎり
タマちゃんディレクターが試食させて頂くと…
気になるおむすびの中には…焼きたての鮭そして山梨県産の珍味「なんばん」味噌風味が!ワイワイ

鮭は焼いてほぐしてありホロホロ、これが良い塩加減…!ごはんによく合います!
「なんばん」は、店主の清水さんのご実家で作られているもので、清水さんも子供のころから食べていたそう。まさに家庭の味ですね!
ピリッとした辛さがたまりません…お店でも人気の知る人ぞ知るご飯のおともなんだそう!

そして何と言っても嬉しいのは、できたてのむすびたて!
コンビニエンスストアのおむすびではもう物足りない…という方、ぜひOMUSUBIYAらんかさんのおむすび召し上がってみてください!ピカピカ
きっとリピーターになっちゃいますよ〜!おにぎり

===================
OMUSUBIYAらんか
あきる野市秋川3-8-4
TEL  080-7940-9925
営業時間  5:00〜15:00
地図
===================







2019/04/29 19:09:33|西多摩で食べる
男盛

青梅市河辺町、奥多摩街道沿いに新たなラーメン店がオープンしました!名前は男盛」。
なんという勇ましい名前でしょうか……こちらは埼玉県の入曽から移転してきたお店で、ウワサでは豚コツ・背脂・極太麺の二郎系なんだとか…?!

これは食べてみないわけにはいきません!
ということで早速まるおディレクターが注文したのは、オススメという麺300gのラーメン。
これだけでもかなりの量の予感がしますが…
さらにテレビ映えを考慮して、無料でトッピングできるという野菜増し脂増しで注文…!!

調理に取り掛かる厨房内。
ラーメンは豚骨醤油系で、厳選醤油ダレが入ります。
そして背脂をとって、シャリシャリシャリ…そ、そんなに入れてもらっていいんですか…?!
さらに出汁スープは国産豚の豚コツ100%!
頭から爪の先まで余すことなく使い、他のものは一切入っていません。トンでもなく美味しそう…!!

使用する麺は極太麺。菅野製麺に特注したものを使っています。
そしてその上にモヤシ、さらにマシの増量トッピングのモヤシが!ああ!背脂も容赦なくのってきます!ああ!!プルンプルンです!!!

カウンターから出されたラーメンは、もはやモヤシと背脂のタワー…!
スッ…と座るチャーシューの存在感。その重さ、なんと2キロ近くあります。こ、これは麺に到達するのにどれくらいかかるのでしょうか…ゴクリ。

まるおディレクターが時間を計ってみたところ、ひたすらモヤシと背脂をモグモグし続けて…
なんと麺に到達するまでに約7…!!!
大満足のボリューム…いやいやここからが本番の麺です!
ここでラーメンマニアの間で奥義「天地返し」の技が!ピカピカ
スープに浸かった麺をひっくり返して、麺が伸びるのを防ぎつついただきます。今回はご主人に伝授していただきました!

そして、がっつり麺をいただいて、完食!!
男盛のラーメン、標準の並でも十分にてんこもりですので、むやみにマシマシにしないようにお気をつけて…!
まずは美味しさをぜひ、ご堪能ください!!

====================
らーめん男盛
青梅市河辺町6-3-3
TEL  0428-84-2880
営業時間  11:30〜14:45
                17:30〜21:45
定休日  水曜日
地図
Facebookはこちら!
=====================







2019/04/29 18:52:14|西多摩で楽しむ
Ken’s English Cafe

ゆとろぎのレセプションホールで、ちょっぴり変わった結婚披露宴が行われるとのことで、りんちゃんディレクターがおじゃましてきました!ピカピカ

入り口には英語で書かれたウェルカムボードが…ワイワイ

実は新郎となる増山さんは、羽村市内で英会話喫茶「Ken’s English Cafe」を主宰していて、新婦の和美さんはその教室の生徒さんなんです。
英語の学習を通してお互いに愛を育んできたというお二人…とっても素敵ですねハート

始まった披露宴、新郎の挨拶はなんとすべて英語で行われました!用意されたプログラムの内容もすべて英語で書かれています…!

じつは今回の結婚披露宴は、新郎新婦の出会いが英会話教室ということで、司会も進行もすべて英語で行われるという、とってもめずらしい披露宴なんです!ピカピカ

そんなお二人が出会ったKen’s English Cafeは、羽村市栄町にある増山さんのご自宅で、毎週土曜と日曜に開催されています。

美味しいコーヒーを飲みながら、横田基地に住む外国人の方と気軽に英会話を楽しむことができるのです。
教室内では原則日本語は禁止!パー 会話はすべて英語で行われます。正しい文法でしゃべれなくても大丈夫。
自分の想いはちゃんと相手に伝わるものです。
現在はコーヒー代込み1500円という安心価格で、誰でも参加することができますコーヒーピカピカ

さて!新婦のお色直しの後、披露宴の後半ではお二人を祝福する演奏やお祝いのメッセージが英語で贈られました
最後はみんなでカントリーロードを英語で大合唱!!音符

英語づくしのお二人のこだわりがつまった結婚披露宴は大盛況のうちに終了しました!
最後はみんなで記念写真ピカピカお二人とも、末永くお幸せに!!

===================
Ken’s English Cafe
東京都羽村市栄町2-7-15
TEL  090-1800-9295
営業時間   9:00〜17:00
地図
ホームページはこちら
Facebookはこちら
===================







2019/04/27 20:18:00|西多摩のココがすごい
石川酒造の若き杜氏

いま、石川酒造の日本酒が業界内で注目されています。
面白い、驚き、旨い!
そう評される新たな日本酒づくりに取り組んでいるのが、
製造部長であり、若き杜氏の前迫晃一さん、34歳です。

自称「発酵オタク」。
お酒そのものよりも、菌の働きに魅了させられるのだそうです。
酒造りは、遊びや趣味の延長の気分、と
入社7年目の大抜擢にも、いたって肩の力の抜けている様子。笑

10月末、石川酒造では新酒の販売が始まります。
毎年「あらばしり」という生原酒を、一番最初にお披露目しています。

早いものでは、仕込み後1ヶ月で商品になる日本酒。
前迫さんは、この時を楽しみにしているのだとか。
どんなお酒が出来るだろう?そして、たとえ失敗したとしても
どんな菌がどうなって失敗したのかを考えるのが楽しみなのだそうです。

菌を学術的に分析し、コンピューターや機械を取り入れ
仕事の効率化を図るなど、働き方改革も進める前迫さん。
若いながらも徐々に信頼を得て、前迫流酒造りが製造部に広がっています。

そして、新たな挑戦も。
「伝統も大事だが、なにこれ?!と手に取ってもらえる日本酒を造りたい」という思いで、
今年、5種類の日本酒を誕生させました。

そのひとつが、純米吟醸酒「熟れる赤」。
フルーティで、りんごのような味わいです。
とても軽い飲み口ですよ。
季節限定品ですが、売店「酒世羅」でお探しください。

そして新酒の純米生原酒「あらばしり」にも
新たな取り組みを試みています。
無濾過で、加水せず、アルコール度数が17度と、かなり高めに仕上げてあるのです。

次々と革新的な日本酒を造り、
より多くの方に多摩自慢ブランドを知ってもらう。
石川酒造の若き杜氏の心意気、
ぜひその舌で見届けてください!

================
石川酒造 売店「酒世羅」
福生市熊川1番地
営業時間 10:00〜18:00
042-530-5792
Pあり
地図
=================

 







2019/04/27 20:01:00|西多摩で食べる
ジンギスカン七福

青梅市千ヶ瀬町プラザファイブ内にある「七福」。
ファミリー層をターゲットにした広々とした店内で、
宴会やパーティにも便利そうです。

お店のコンセプトは、「北海道が丸ごと青梅にやってきた!」
一番人気は、セットメニュー。
お肉は直送で、特上生ラム、タレ漬けマトン、上ラムが楽しめます。
ジンギスカン初心者にもオススメです。

いろいろな羊肉を食べ比べた店主ですが、
この北海道の羊ならイケル!と見極めた肉を仕入れています。
苦手意識を持たれる人が多いかもしれませんが、
ヒツジがどんどん日本人向けになってきているそうです。
固定概念を取り払い、七福のラムは一度試してみる価値がありそうですねぇ。

特上生ラムは、「生ラム肉」。
入手がとても困難なのだそうです!
上ものですよ〜。

ほどよくラムらしさもあり、
でも臭みなどは全然ない七福のラム。
逆に、ジンギスカン通なら、ヒツジらしさが味わえるマトンが満足できそうです。
そしてご主人一押しは、「特上塩生ラム」!!
生ラムだからこそできる美味しさの演出です。

脂肪燃焼、鉄分たっぷりの羊肉。
自分好みの羊肉を見つけるなら、七福のジンギスカンセットがオススメです。

====================
ジンギスカン七福
青梅市千ヶ瀬町4-313-2
営業時間 平日17:00〜23:00L.O.
    土日16:00〜23:00L.O.
0428-20-8747
Pあり
地図
===================