てんこもり情報局!西多摩マルかじり
 
2017/09/24 12:43:00|西多摩のココがすごい
しおのや

いま、青梅を中心に青果の移動販売車が巡回しているのをご存知ですか?
「しおのや」の店主は、塩野和之さん。
今年の5月から移動販売の仕事を始めました。

以前は薬局の営業マンとして訪問販売もしていた塩野さん。
その時、お年寄り宅の訪問先で痛感したのが、
薬よりも、日々の食事や楽しい買い物が求められていることでした。

そこで、移動販売車「しおのや」を立ち上げることを一念発起。
旬の美味しい野菜を提供し、買い物弱者の役に立つことを決心しました。

正直、野菜や果物については日々勉強中で、
地域のお客さんに逆に教えてもらうことも多いのだとか。
それでも、「どうやって食べれば美味しいか、レシピを教えてくれる」といった声も聞かれ、一生懸命な姿が皆さんに受け入れられているようです!

昔ながらの、気さくに放せる八百屋さん風。
売り買いの何気ない会話、そしてコミュニケーション力で、お年寄りたちに元気を与えています。

野菜は、市場で買い付けるほか、
直接、農家へ出向いています。
珍しい野菜を作っている、青梅の新規就農者から仕入れることも。
それも、せっかく放棄地を活用してくれている人を応援し、地域に貢献したいという思いから。

そして、今後は日用品などカサがあってお年寄りが運ぶのが大変なものも移動販売車に積めるようにしたい、ということでした。

人と人をつなぐ、人間味あふれる「しおのや」。
これからの時代、最も必要とされるスタイルなのかもしれません。

毎週月曜日は金剛寺の四恩幼稚園駐車場で、
シフォンケーキ屋さんとカレー屋さんと一緒に販売もしています!



 







2017/09/24 12:18:00|西多摩で食べる
浜膳

福生市熊川、奥多摩街道沿いにある
いけすレストラン「浜膳」。幸楽園の中にあります。

今回オススメは、夏限定の「西多摩にぎわい御膳」。
奥多摩ヤマメのお造りや、秋川の江戸前鮎と、トウモロコシ。
そしてメインは東京シャモのすき鍋です。

地域の方ばかりでなく、外の人にも西多摩の魅力を伝えられたら、という思いで考えられたこの御膳。

すき鍋は、あきる野市の浅野養鶏場で育てられたシャモ肉が使われ、玉子は、青梅では超有名な川鍋さんのホワイト卵を使用。
そして赤酒を使ったすき鍋の割り下は、日本料理の大家・西村元三郎のレシピを料理長がアレンジ。

濃い目の味付けが、あっさり卵によく合います。
筋肉質のしまったシャモの味わいも。
美味しいと贅沢がいっぱい詰まった逸品です。

季節ごとに素晴らしいメニューで迎えてくれる、浜膳。
西多摩の美味しいものを堪能したい時にはぜひ。

=================
いけすレストラン 浜膳
福生市熊川1018
042-551-0035
営業時間 11:00〜22:00
年中無休
Pあり
地図
================
 







2017/09/24 12:02:00|西多摩で楽しむ
多摩ワールドコーヒー

青梅市大門にある「多摩ワールドコーヒー」。
1975年創業です。
業務用のコーヒー豆を卸す専門店として営業する傍ら、
4年前からインターネットで個人向けにも販売しています。

店内には、長年使い込んだ焙煎機が。
なじんでこないと、豆の味にも影響するんだそうです。
中南米やアフリカなど、世界各国からの
厳選されたコーヒー豆が揃っています。

一方、多摩ワールドコーヒーのホームページを見てみると・・・・
かわいいキャラクターがたくさん登場。
このたまこちゃんは、お店の看板娘。
ホームページではコーヒーについての豆知識を披露。
美味しいコーヒーの淹れ方や保存方法まで
タメになること間違いなし。可愛いだけじゃないんです。
マグカップやキーホルダーなど、さまざまなグッズも
ありますよ〜。

多摩ワールドコーヒーのオススメは、
「たまこブレンドセット」。
甘みが特徴のグアテマラ産コーヒー豆と
香りが特徴のコロンビア産コーヒー豆を
ブレンドしたもので、1袋100g入り、
3袋セットで2000円です。

==============
多摩ワールドコーヒー
青梅市大門2-183-5
ご購入はホームページからお願いします
==============
 







2017/09/23 20:13:00|西多摩で食べる
ラーメン天山 福生総本店

福生駅東口の繁華街にある「天山」。
実は、中国の山東省にも「味一」の名前で
進出しているラーメン人気店です。

ご主人は、高東苓(コウ トウレイ)さん。
日本のラーメンの美味しさを愛してやまない女性オーナー。
珠玉の一杯は、
豚骨辛味噌チャーシューメンです。

辛さ調整可能。
通常がレベル0(ちょい辛)ですよ!要注意!
詳しくは店内の張り紙を見るべし。

もやし、ピーマン、玉ねぎなどの野菜を鉄鍋で炒め、
そこへ豚骨出汁スープを投入。
味つけは、辛味噌と、秘伝の辛味スパイス。
香りも一気に立ってきます!!

今回はレベル4に挑戦。
中太ちぢれ麺に辛味噌スープが絡んで
喉越しの辛みは強烈ですが、旨辛な味わいですよ〜。

秘伝の辛味スパイス、自家製ラー油、そして辛味噌。
その3つのオリジナルブレンドが
このラーメンの味の決め手です。
本格的な辛さの天山の豚骨辛味噌チャーシューメン。
ぜひチャレンジしてみてください!

================
ラーメン天山
福生市福生875
042-513-0919
営業時間 19:00〜3:00
    (金・土は朝6:00まで)
定休日 月曜日
地図
=================







2017/09/23 20:00:00|西多摩で食べる
さわ木庵

福生市熊川、羽島駅南口から5分ほどのところに
隠れ家的なお寿司屋さんが。
期待が膨らむ雰囲気の良さ。
しかもランチがとってもリーズナブルなんです。

和モダンな店内は、車いす利用も可能なカウンター席のほか、
テーブル席や宴会席も。
さまざまなニーズにこたえてくれそうです。

ご主人の石澤さんは、この道14年の寿司職人。
さわ木庵を構えたのが2015年です。
こだわりは、手間ひまかけた仕事。
魚は、毎朝自ら市場へ出かけて仕入れます。

カウンターの前に並ぶネタケースは、
わざわざ氷を使っています。
冷やしすぎず、鮮魚を美味しくいただける
最高の状態に保つそうです。

今回頂いたのは、ランチの10貫にぎりセット。
汁もの付きです。
季節の旬のネタが入ります。
カウンターでは、お客様の召し上がるタイミングを見ながら
握り立てがサッと提供されます。

昔ながらの赤酢のシャリ。
酸味はひかえめで、コクとうまみがあります。
シャリの大きさや握り具合なども、男性には大きめ、年配の方には小ぶりでやわらかくなど、お客様に合わせて。
これも、寿司職人のこだわりと、もてなしです。

アジは、塩と酢でしめ、うまみを極限に引き出して。
スズキは4日寝かせます。
白身魚は、それぞれ一番おいしい味・個性を引き出す下処理を。
えびのすり身と山芋から作る玉子焼きは、3時間かけて焼き上げます。

さわ木庵のお寿司は、至福のひとときを提供してくれます。
一口たべればニンマリ。
秘密にしておきたいお寿司屋さんです。

======================
さわ木庵
福生市熊川448-9
042-513-5708
営業時間 昼11:30〜14:30(L.O.14:00)
    夜17:30〜22:30(L.O.22:00)
定休日 水曜日
Pあり
地図
======================