サイクリストのお助け茶屋(鬼ボッコ)

価値観の違いで生きざまが変わる?
 
2018/10/25 13:09:29|その他
僕の旅の在り方(U)
いよいよ4日目突入です!ま〜予定は未定で・・何日ふらつこうが一向にお構いないのですが、僕の担当してる年寄りの遊ぶ会が土曜に在るので、天気予報で土曜が雨なら旅の延長も出来ますが・・こっちも雨じゃ〜自転車は乗りたくない!って〜事は即お帰りになります。今日はいい天気だしタブレットで湯西川温泉Hに空きが出たのでもう1泊する事にして、ホテルを早めの8時30分に出ました。いつもの様に自転車ナビに平均速度18k・近道・坂少ない・サイクリングロード優先と入れまして、お任せで走ってましたら・・やけに細い林道に入ってしまった。昔・・川治方面から来たときはこれほど細くなかった気がしたが・・やがて測量してる作業員に出くわし「この道で湯西川に行けますか?」彼は、「いや〜3年前の洪水で道は寸断メチャクチャで土砂崩れが何か所も有ってとても通れません」僕は「じゃ〜現場写真だけでも取りたいので先に行ってみます」いや〜こりゃ〜ダメだわ!と思いつつも・・自転車ナビではOKだもの?ここまで来たら戻りたくない、あの尾根を越えれば間違いなく湯西川・・行くしかないじゃん!しかし目の前のガードレール・アスハルト路面は崩落してる。でも・・遠くにガードレールが見えるからそれを目安にたどればいけない事も無い?えい!行ちゃえ!と先に進むと無理やり右の山の縁の薮を分け入って抜けると遠くにガードレールが見えた。途切れ途切れの道の名残を辿り何とか頂上に近い場所に出ることが出来た。そこはもう河から離れていていたので舗装路は無事だった。やっとこ頂上に着くとそこにはお地蔵様の祠が有って・・無事に来れたお礼に100玉が無かったので50玉を2つお供えして下りのやられてない舗装路を乗って下って間もなく砂利の破片でタイヤが切れパンクした。「やっぱし・・お賽銭がセコかったのかしら?」なんて思ちゃいました。応急処置はタイヤの内側にお札を畳んでチューブっが飛び出ないようにあてがって再び空気を入れる・・そ〜1万円札が最高だとか?もちろん僕ちゃんは1万円札を挟みます!なんちゃって・・千円札に決まてら〜?ヨレヨレでたどり着いた湯西川温泉Hでタブレットで見た部屋を頼むと・・「すみません!今日はもう部屋は満室で泊まれません」そっけない返答に?「だってタブレットでまだ部屋の空きが提示されてるから・・」係員が「そ〜ネットで申し込み、まだ空いてればこの値段で部屋を取れます」ヤバ!僕はタブレットで申し込めない・・自宅のパソコンかネットカフェ?このホテルにパソコン無いし・・何とか無理やりネットのサイトに電話連絡出来たので無理を承知で頼み込んでセーフでした。そ〜これぞ「僕の云う処の旅の極みかもね?」涙浮かべて言ってます^^!でも・・神は見捨てませんね〜このホテルでたぶん最高の部屋に泊まることが出来ました。一人なのに和室12畳デッキ付きで谷川、屏風岩が見える・・布団も2組?当然お茶菓子も2組、飲み放題バイキング!鮎の塩焼きも食べ放題そ〜好きなカラオケ歌い放題(上手ですね〜って!云われちゃいました)ほいでもって・・税込み¥9300−はお値打ちです。このホテルの常連のおばちゃんにロビーで並んでる時にこっそり「ここはチョット高いが和風館に泊まった方がいいですよ!」って耳打ちされて・・そ〜しました「バンザイ!」終わりよければすべてよし!でも・・明日はどうなる事やら?明日帰ります・・







2018/10/21 13:33:08|その他
僕の旅の在り方?
実は内緒で今、仙台に来てます。津波からどのくらい復興してるか?この目と耳で確かめる旅にでました。多分被災現場をテレビで見ただけで今の石巻に降りたら?え!この街で被害が有った〜って信じられぬくらい綺麗に成っていてびっくり!ボランティアで行った小学校や校舎裏のお寺さんで自動車が石碑のうえに乗っていた墓地もすっかり元通りを越えていた。折角だから女川まで脚を伸ばして被災現場を探りに行きました。途中の道端にしょうしゃな住宅団地が整備されていて、思わず脇道から入り込み、野次馬の様でためらったが?どうしてもこれまでの経緯が知りたくて・・かろうじて人影の見えた家の人に話しを聞きたくて立ち寄りました。聞くところによるとここは海辺の被災者が抽選で入れる賃貸し戸建ての復興住宅だそうで建物は家族構成で若干大きさに違いがあるが色や建材は一緒で舗装道路がお洒落にカーブしていて玄関まではタイルスロープになっていました。惜しくもここに漏れた人は普通のマンション形式の建屋に移ったそうです。僕が感じた第1印象は被災者の皆さんが不公平無しの壱から出直しにふさわしいと云っては失礼かもしれませんが・・芯から仲良くなれる隣組に思えました。多少余裕のある人は資金を借りて個別に建屋を新築したそうです。お会いした母娘のホッとした笑顔に救われました。プレハブ長屋の仮設住宅は心身ともに疲労が蓄積しますから少しでも早く脱出できて他人事ながら嬉しかったです。その脚で女川まで行きました。女川駅は近代的立派な建物になり海沿にかけてまっ直ぐ商店街の観光市場を新設し、働く人の活気はありましたが・・まだまだ人の観光客の集まりは少なかったです。お店の寿司や牡蠣は絶品でした。話は戻りますが石巻〜女川までに牡蠣を食ベさせてくれるところがあったら寄るつもりが・・立ち寄った店舗は2日後のオ―プンでダメでしたが・・偶々、僕と同い年の漁師が始める店らしく同年輩だと喜んでくれました。帰りの女川〜仙台は電車でした。宿泊は天然温泉のカプセルHです。いや〜近頃のカプセルHはバカにできません!も〜ユースホステルやビジネスHを超えてます。仙台駅5分アーケードの繁華街で24時間天然温泉大浴場!朝食オプション¥380は騙されたと思って泊まってみるのもいいですよ!最もここはネットで人気度1〜2を競っているそうです。  
・・じゃ〜次3か目ね・・・







2018/09/13 18:09:24|その他
長崎3泊4日格安の旅 3日目

今日はもう街中をほとんど見てしまったので、ちょい遠くに?雲仙に行った人もいましたが・・我々は平地で景色のいい処?そ〜先日、稲佐山から眺めてあまりに綺麗な橋「女神橋」〜伊王島橋〜伊王島に向かう事にした。女神橋に着いたら、たまたま軍艦が橋下を通過するのでチョイ待ってシッカリ高みの見物!昔から軍艦は陸上を走る車の様に迷彩色は余り見かけないが?なぜ目立たない空色・水色にしないのだろう?政府はすべてについてマニアルをチットやソットじゃ〜変えない!それが理にかなっていても?ま〜腹が減っては戦も出来ぬ・夕飯はこちらも基本にのっとって一旦ホテルに帰ってから全員でシャトルバスに乗り街に出る。今晩は最終日なのでちょっと羽根を伸ばそうと歌で有名な思案橋界隈に繰り出す積りが皆さん真面目に9時頃のシャトルバス最終ホテルで帰りました。カラオケ好きの僕はあちこち覗くがどこも閑古鳥で一人カラオケなら普段と変わらない?何とか賑わってる店に入り止まり木に座ってビールを注文したらママさん、どお云うわけか冷え冷えのグラスをはなから2つ持って来て「あたしも戴くわね!」ま〜定石通り乾杯!肝心の歌なんだが・・皆さん2小節も行かぬうちに画面に5・4・3・2・1が現れドビューン!で真っ暗!もう曲など消えてしまう?下手は早めにやめて貰うシステム!?らしい・・初めての経験でした。聞くところによると壁に貼ってあったポスターのプロがお隣に居ましてそのproさえ?ドビューン!いよいよ僕・・ま〜それなりに最後のちょっと前でドビューン!いいね〜イヤな歌い方などすぐ消えるんで?年増のママさんがピタリマークで僕がいいのか?ビールが良いのか離れず手酌でグイグイ!ぼくの倍早く空ける、そりゃ〜僕も昔・・キャバレーに勤めてたから解らぬでもないが、断りもなく店員が客の酒を手酌でグイグイはないぜ〜?ママさん曰く「ア〜タ〜よくこの店に来たわね〜この店・ちょっとしたツウじゃないと来れないのよ〜」・「いや?ガラス戸だし賑やかそうに見えたから?」確かにカラオケの仕組みもお客への応対もレア?でも勉強になりました「思案橋」て〜名前?「伊達についてんじゃ〜ね〜よ!」ってチコチャンに叱られそ〜(^^!







2018/09/12 18:07:13|その他
長崎3泊4日格安の旅 2日目
このホテルは長崎湾の夜景が見えるので有名なホテルでして、長崎は函館・神戸と並んで日本3大夜景の1つだとか?見晴らしは良いが急坂過ぎて仲間の何人かは引いて上がってました。ホテルの朝食は高いので皆さん前夜にコンビニで買い込んでましたが僕は街の朝食モーニングで十分なので用意はしません。予想外の坂道に懲りたらしく、皆さん朝起きて長崎湾を見渡せる稲佐山の展望台まで上がる気力も失せていまして・・僕は多少、踏める仲間と自走で上がり180度眺めて明日の観光の参考にと確認しました。長崎湾は勿論、女神橋・伊王島橋が綺麗に見えたので滞在中に行ってみようかな〜って?その後昼飯を食べに皆さんホテルの送迎バスで長崎市街を駅まで行きホテル送迎バス最終の20時50分までそれぞれ市内観光に決めました。グラバー邸・眼鏡橋・新中華街・出島・大浦天主堂・平和公園その他ブラブラ・・長崎の味はどうも・・東京よりだいぶ甘い!観光も思ったより見所が少なく大浦天主堂は世界遺産になったせいか?入場料¥1000で日本人は少ないが羽振りのいい中国の団体さんがバス2台で来てました。今日の観光は近場にまとまっているせいか早めに何事もなく部屋に戻りました。いたって真面目な行動で皆さんの期待に応えられませんでした。ゴメン!







2018/09/09 22:46:01|その他
長崎3泊4日格安の旅 @
例の如く格安旅¥34500の顛末記、まずしょっぱなからアヤがついてしまった。何と・・台風が来てしまいコース如何で行けなくなるかも?JALから何の連絡もなく、どうやらコースから外れているのでOKしかし、生憎の雨模様なので自分は電車で羽田に・・仲間は自転車で3時間かけて来たが途中で降られずぶ濡れでした。長崎到着は雨の心配まるでなし!飛行場から連絡船で30分程度で時津に着き自転車を組み付ける。11人の仲間の1台がフォークがひん曲がって破損、とても乗れる状態でない、その外にも組付け出来ない仲間が居るので組み付けを手伝い10人は時津〜稲佐山のホテルまで自走で何とか着いた。翌日、気が付いたら・・何と自分の輪行バッグを港に置いて来てしまっていた。電話をすれども「そんなもん無い」と云われ諦めた。







[ 1 - 5 件 / 78 件中 ] 次の5件 >>