サイクリストのお助け茶屋(鬼ボッコ)

価値観の違いで生きざまが変わる?
 
2019/03/13 13:12:24|その他
sns仲間の旅(4日目)

今日はタイ北部の地下洞窟で子供達が何日も閉じ込められ救出に世界中の注目を浴びた事件現場近くを通りミャンマーに行きます。地下洞窟も民宿からたいして離れていないそうで今は立ち入り禁止区域になってますが各国から観光客が殺到し一大観光地化しているそうです。良かれ悪しかれメディアで取り上げられると平常でなくなりますね〜?民宿前から3輪トラックのソンティオと云う両サイドがベンチシートの乗合自動車に乗ってミャンマー国境まで行きました。国境はメコン川支流の税関の橋を渡ります。日本人は無料ですがアメリカ人など他国の人は結構高いビザ料金を取られます。タイに居る日本人も1度渡ると1年間ビザが消えてしまい渡れなくなってしまうそうです。ミャンマーの人がタイに来たがるくらいですものミャンマーのお土産屋など押して知るべし、再びタイに入国ですがミャンマーからタイ側に来るのは厳しく飛行機内で記載するカードと同じもので宿泊先までシッカリ記載させられたのには困惑しました。タイ側のアーケードショッピングモールはとても大きくミャンマー人も来たがる訳です。ミャンマー人は日本人と結婚しても日本国籍を簡単には取れなので日本には住めないと聞きました。出店で焼き栗を買って街を散歩してたら幼い女の子に片手にぶら下げた焼き栗の入ったビニール袋をちょんちょんと叩かれた「あら〜ごめんね!」と云って袋から焼き栗を出し両手で持ちきれないほど・・その子の汚れた両手に載せてあげた。タイでは、殺生を嫌い、功徳で生き物を野生に放す習わしが有って毒蛇やワニでさえ道端で子供がぶら下げているのを見ると買い取って放すそうです。ゆっくり観光して帰りは宿までトムトム&バスに乗り継ぎ帰って来て夕食です。それは粗末ですがお値段が1泊2食付き500バーツ(¥1500)ですもの文句は言う方が悪い!しかし、ここらの人の稼ぎは1日100バーツ位(¥300)だそうですよ・・何てったって仕事が無いんだもの?循環バスも会社から1日¥900でバスを借りて夫婦や友達同士で運行してるもんだからお客がある程度集まるまで発車はしない。ガソリン代が日本の価格の8割?だもの〜^^!そ~云えば日本で忘れかけてた・・あのリッカーやジューキなどミシンのメーカーが昭和時代に流行った丸井の月賦販売形式で電化製品&オートバイ等をバンバン売っているそうで結構はやってるそうですよ~?・・じゃ〜今日はこれでBay〜・・







2019/03/11 17:21:30|その他
SNS仲間の旅(3日目)

さ〜本命の民宿に向かう日だぞ!再びドムファン空港からチェンライ空港まで飛び空港からタクシー交渉(¥900)して民宿まで連れて来てもらったが?
どうも綺麗すぎて違うようだ?ウロウロ見て回ったらなんと!お隣の決して見栄えが良いとは言い難い物置風宿泊所!だよね〜?なんかそれ見てホッとするのもおかしな話だが・・なんと此処のオーナーが「こんなところに日本人」のタイでの第一候補者と云う事でテレビ局が来たらしい・・しかし奥さんのダメ出しで断り仕方なく知り合いの方を紹介して事なきを得たらしいが、なんとこんなちっぽけな村でも日本人は30近くいるとの事?チョイ呆れました。テレビ局も主役が降板しても次で何とかなる・・て〜こと?深くは突っ込まないけど?(いくらでも日本人は居るので違う人でもその人の人生に尾ひれを付けて話題性を持たせて製作し多雨そうな?この民泊に来て初めてオーナーから知らされましたが先月の初旬に何と20代の一人息子が急病で無くなって居たとの事、そういえば何となく奥さん元気が無かった。タイでは男と女が一緒に食事はとらない習慣でたとえ家族でも幼い時から息子と父親は2人で食べるが奥さんはず〜と一人で食べていると云う「愛妻家の?アンタ!タイじゃ~住めないよ〜」「だれ〜イイこと聞いた!って云ってる人?」一緒に食べているのをチクられると村八分いらしい?街中を行く僧侶も女性とお互い触れぬよう心掛けているそうです。余談になるがタイでは死は悲しいものでなく次の世に生まれ変わる輪廻転生の考えだそうな?日本人の彼は気丈さを見せて我々の予定に合わせて案内がてら車を出してくれると言っていた。こんな時に申し訳なくて心苦しい思いでした。彼は泊り客が来ると必ずチョイ離れた畑の前で店を出している知り合いの焼き鳥屋に顔見世に連れて行くのが習わしの様で・・田圃から見えるサンセット晩酌が何よりの楽しみらしかった。ホントにのどかで此処から見える田園風景の夕日がとても綺麗でした。
 







2019/02/18 23:49:35|その他
SNS仲間の旅
いよいよタイの2日目で・・今日は線路市場で有名なメイクロン市場に向かいます。何しろここは線路上に屋台のテントが張られていて電車が来ると慌てて巻き上げる稀に見る場所だそうな?朝8時にホテルを出てメイクロン市場に向かう、我々は鉄道・舟・鉄道・バスと乗り継いで行くはずが拾ったタクシーが云う事を聞かず最寄りの接続駅に行くはずが拾ったタクシーの運ちゃんが「メイクロンは行きにくいので往復乗ってくれ!」と云って聞かない「¥5700で行くから」と云って最寄り駅に行かない奴らは「観光客を乗せてしまえばこっちのもの?」と思っているようだ。すったもんだした挙句、目的の接続駅と反対方向の駅に降ろされた。それも普段の2倍の運賃で・・仕方なく再び今度はオートバイの3輪車トクトクに乗って「何とか時間に間に合うか?」と交渉したら飛ばす飛ばす・・裏路地も何のそのあっという間に目的駅でした。電車の時間もまだあったので車内で一杯と7ブンイレブンに入ってビールを頼んだ。すると・・店員が僕の手にしたビールを僕の方に押し返した「買うんだってば〜」ぐずると・・店長が何やらバインダーに挟んだ紙を見せた。そこには「11時〜3時・5時〜12時まで酒類を販売します」とあった。飲んべ〜さん!気を付けましょうね!終点から舟(¥100)に乗りメコンを渡って駅まで歩き再びメイクロンまで電車の人となる。田園風景を抜け暫くするとメークロン駅が近くになってきた。線路に被っているテントを巻き上げ車両ぎりぎりに観光客はごった返していて・・すれすれの電車を迎える!大きな通りを抜ける時などまるで歌手のステージのごとく大勢の注目となる、恥ずかしくって今まで撮ってた写真も撮れず思わず顔をそむけた。駅に降りた露天でヤシの実の頭をはねストローを差して飲むジュース(¥60)を飲んだ。ジュースはほんのり甘く、内側は堅くなったナタデココの原料だろうか?いよいよホテルに帰るのだがバスのチケットが笑ちゃう?ポリ段ボールの木っ端にマジックで数字が書いてあってそれが乗車券でした。やがてモノレールの駅に着きモノレール〜地下鉄に乗り換えホテルの駅に着きました。今晩は中華街で軽食をと夜の街に出た。食堂での飲食代は日本と変わりませんでした。飯に比べアルコールは日本並み価格で割高です。







2019/02/17 16:28:46|その他
sns仲間の旅(1日目)
さてさて怪しげなSNSの海外旅行のサークルのお仲間さん任せのタイ旅行です。一人旅は高くつくし、話し相手も居ないよりゃ〜ましか?てんで乗っかりましたがパックツアーにない「タイの実情を探る旅!」って云ったらカッコいいが?どうなんだろう?僕以外の御2人は何度か海外にご一緒に行ってるから気心は知れてるでしょうが・・僕にしてみりゃ〜見も知らずのあかの他人と成田空港で初対面そしてこれから3人旅・・てっきり連れて行ってくれる相手がタイでやっている民宿の主人とSNSでやり取りしていたので知り合いと思い込んでいたら違うんだって!初対面だって~じゃない、ビックリ!SNSって突然、見ず知らずの他人が打ち解けてしまう錯覚に襲われるんだよね~そんな・・こんなで予定通りの飛行機は成田発13時55分出国ですがLCCエアーアジアなので持ち込み荷物制限が厳しく、機内持ち込み無料は小さければ7kg以下1ヶのみ、委託で預ける荷物は軽かろうが1つでも預けると20kgまで¥6500です。一人がオーバーしてしまい有料でしたが20Kgにはまだ余裕なので僕のバックもご一緒にまとめて貰いました。後で気が付いたのですが僕の背負うバックの背中に補強の長い金属が差し込んであったので下手に機内持ち込みにしていたらOUTでした。よかった〜!飛行機はバンコクのドム・ファウン空港に向け離陸しました。到着後タクシーでバンコクまで行きホテル川沿いの屋台で¥160の焼き飯食って1泊¥3000のホテルに2泊する事となりました。この先どうなんだろう〜?ちなみに・・日本円の単位の0.3倍位ですかね〜?







2019/02/12 20:53:46|その他
SNS仲間の旅

1月30日〜7泊8日でタイに行く予定でいました。
そ〜3人連れだが僕を除いたお2人同士は何度かお2人だけで海外に行ったそうです。3人寄れば文殊の知恵って云うが、それ・・うまくいっての話で3人3様?て~のもあら〜な?ま〜とにかく30日の成田発13;55分でした。だが四国からお越しの彼がフライト日時の間違に数日前に気付いたが・・もうキャンセルせずで、いつもは成田空港のベンチでフライトまで寝るらしいが今回は2日間も前なので我が家にお泊まり願った。そうはいっても成田〜青梅は2時間半もかかる、深夜ぎりぎりに青梅に到着予定も来る途中、日暮里手前で電車が止まってしまい大幅遅れで立川駅〜青梅行き終電が無くなってしまった。どうするかと思いきや彼は、それから先の足を失くしたお客様目当ての深夜特別便バスに乗って夜中の1時過ぎに僕の最寄り駅に着きました。さすが旅慣れるとそこまでやれるか?結局その日の深夜は名栗の山小屋泊まりで2日目は我が家泊まり、そして3日目の朝2人してゆっくり午後便の成田空港に行きました。







[ 1 - 5 件 / 84 件中 ] 次の5件 >>