東京都還暦野球 昭島W55

子供の頃から、大好きだった野球!70歳の古稀を過ぎても野球ができる環境がある。W55は、まだまだ野球ができる喜びを、多くの還暦選手と共に分かち合いたいとの思いでブログ公開しています。がんばれ、野球ジジ!
 
2018/06/16 17:28:00|還暦野球
前期の〆会!昭島ホエールズ

《6月16日》
 昭島ホエールズの西部連盟第1部の春季大会の全日程が終了した。成績は、2勝5敗で、残念ながら2部に降格でした。青梅イーグルスに勝利した最終戦の終了後に、勝利投手となった黒谷選手の申し出で、早々と今日、前期の反省会が、昭島市の「とんでん」で開催された。
 田中監督(写真1)、大島代表の挨拶の後に、一部戦の各選手の成績が発表された。2勝5敗ながらも、打撃成績では、他のチームに引けを取らない成績を上げている。
 打率は、八巻選手の5割を筆頭に、森選手、周藤選手、黒谷選手、秋山選手、石川選手の6名が4割超えだ。HRでは、周藤選手、浦野選手。打点では、森選手、周藤選手が良い成績を収めた。
 5敗の要因としては、投手の防御率の悪さがあげられる。それでも、枝広投手、黒谷投手が、それぞれ1勝した。秋季2部大会では、エースの船木投手の実戦参加が期待できるようなので、大幅な成績の改善が予想される。

 飲み会は、終始和やかに!投打の主役の黒谷選手と周藤選手の、酒とお茶の乾杯(写真2)。足首の怪我で故障者リスト入りの臼井選手(写真3)は「ウナギのかば焼き」で鋭気を養っていた。
 酒が回り、宴たけなわとなると、AKRの中島代表(写真4)が、選手の間を回り、次季に向けて忌憚のない指摘・助言を与えていた。有難い。
 最後に、船木投手に続く次代エースと嘱望される須田選手の一本締めで解散となった。7月、8月は、実戦と練習をしっかり行い、秋大会へのリベンジの糧となる貯えをしていこう。
★昭島W55斉藤修








2018/06/13 17:42:00|還暦野球
追いつかず!昭島WK

《6月13日》
 久しぶりに立川中央球場に、ムサシとの古希の試合で遠征してきた。球場内の梅には、実がたわわに実っていた。
 2回表、昭島先発の小山投手(写真1)は、ムサシ小林選手(写真2)のレフト前適時打、その後の送球エラーで2点を失う。
 3回裏、昭島WKの5割打者八巻選手のセンター前ヒットから、1点を返す。
 6回表、小山投手は、ここまでムサシ打線を2点に抑えていたが、エラー、Hで走者がたまったところで、塚越選手のライト線ギリギリに落ちる超ラッキー2塁打を打たれて2点を追加された。
 3点差となった昭島WK、最終回の攻撃、2死から浦野選手がしぶとくHで出塁、4番森選手(写真3)が左中間に3塁打をはなって2点差、続く5番W55齊藤がセンター前適時打を打って1点差とする。
 
更に、DB、ヒットで満塁とした。が、後続に適時打が出ずに、惜しくもの追いつけずの敗戦となった。
★昭島WK 3対4 ムサシK

 この試合の2回にセンターW55は、投手のサインで2塁走者をけん制する際に、右足のふくらはぎを肉離れし、セカンドと交代してもらった。
 
ベンチに戻り、予防のために貼っていた太もものテープを剥がし、ふくらはぎ患部に貼り付けて最後まで試合を続行した。普通に動けた、テープの威力は凄い。軽いので来週までには完治?させたい。
★昭島W55斉藤修
 








2018/06/09 18:02:00|還暦野球
両目開く!昭島W

《6月9日》
 台風5号が来る前の晴れ間。昭島市大神球場では、西部連盟1部だが、ここまで1勝6敗の昭島ホエールズと2勝5敗の青梅イーグルスとの対戦。
 昭島W先発は、左腕黒谷投手(写真1)。青梅Eは、石岡投手(写真2)。
2対1で青梅Eがリードした3回裏。昭島W先頭打者のW55齊藤(写真3)が、レフト越えの3塁打を放つと、続く石川選手がラッキー安打。この2走者を置いて1番浦野選手が左中間にライナー3塁打を放って逆転。
 山口選手のH、3番周藤選手の2塁打、森選手のH、黒谷選手のヒットで、この回に一挙に5点を挙げる。 
 だが、2死満塁で打者一巡したW55が、石岡投手の外角球を見逃しの三振。もう一つ押したかった昭島W。先日の日野戦の最終回に逆転負けのこともあり、ちょっと雰囲気が悪かった。
 案の定、5回、青梅Eは、センター前ヒットの井川選手を置いて、4番の和島選手が左中間に豪快に2点HRして、1点差に詰めてきた。
 5回裏昭島Wの攻撃。DBの枝広選手を置いて、黒谷選手がライト越えの3塁打を放って、再び、青梅Eを突き放つ。
 だが、青梅Eも6回表、昭島W継投した枝広投手から鈴木選手がレフト前にクリンヒットして、また1点差。
 
しかし、2死、1番打者の内野フライでゲームセット。昭島Wが、青梅Wに辛勝して、2勝目の両目が開いた。
★昭島W 7対6 青梅E

 試合後、田中監督が、今日は打線の組み換えが功を奏したと自賛‼3番周藤選手(写真4)の3安打、確かに効果的でした。
 
青梅Eとは、一緒に秋季2部で対戦となるのか。だが、また一緒に1部に戻りましょう。

★昭島W55斉藤修
 








2018/06/06 8:59:52|還暦野球
梅雨入りですね!昭島W55

《6月6日》
 今日は、天気予報より早く降雨となり、予定の国分寺とのMリーグ戦が中止となった。この雨で関東地方の梅雨入りでしょうか?毎年のことながら、水を差されます。
 W55は、軟投の古希戦では振りすぎて全く結果が出ないが、M戦では、ここまで4試合で5割打っている。しばらくぶりのM試合で、ちょっと気負っていたのに残念です。

 12年ぶりに車を替えた。始めての軽自動車だ。昔の軽自動車に比べて安全性は格段と上がっているようだ。軽は、小回りが効いて、運転しやすい。
 ナンバーは、以前と同じ55番、もちろん背番号と同じにしてもらった。オリンピック協賛で、白ナンバー仕様です。
 週末土曜日は、梅雨の晴れ間が望めそう。1部最終の対青梅イーグルスとの対戦だ。総力戦で、昭島Wの最後の意地を見せたい。
★昭島W55斉藤修








2018/06/04 6:34:45|還暦野球
I shall return! 昭島W

《6月3日》
 どうしても来て欲しいとのことで、試合を欠席して土日に、長野県諏訪の孫ちゃんの運動会に行ってきた。町中の皆さんが来ている感じで、子供の頃、町の一大イベントだった運動会の風景を思い出した。

 さて、昭島ホエールズは、土曜の試合で、武蔵村山フライヤーズに敗退した。これで西部連盟1部、1勝5敗となり2部降格が決まった。
 攻撃陣は、実力並みの得点を挙げているが、エースを欠いた投手力が1部の防御力を備えていなかったということだ。還暦野球も実力通りの世界なのだ。
 秋には、2部で、エースの船木投手を中心にリベンジしたい。そして来季の春には、また、1部に復帰だ。I shall return。
(下段写真は、当該試合のものではありません)
★昭島W55斉藤修
 








[ 1 - 5 件 / 217 件中 ] 次の5件 >>