東京都還暦野球 昭島W55野球日記

子供の頃から、大好きだった野球!70歳の古稀を過ぎても野球ができる環境がある。W55は、まだまだ野球ができる喜びを、多くの還暦選手と共に分かち合いたいとの思いでブログ公開しています。がんばれ、野球ジジ!
 
2019/05/18 18:53:00|還暦野球
W16HR! 昭島ホエールズ

《5月18日》
 昭島市大神球場。今日の昭島ホエールズは、公式戦3部3回戦清瀬ナイツとの対戦。同じ3部の昭島ガッツが、第1試合で北都を大差で撃破した。昭島Wとしては今日の試合は負けられない。第3試合の審判は、青梅イーグルス。久しぶりで森田選手に会った。
 清瀬N先発は、村山投手(写真1)1番W10浦野選手がいきなりレフト越えの2塁打を放つ。その後、DB、Hなどで走者を進め、8番W16須田選手が得意のライト打ちHR(写真3)等で着々と得点する。
 
打者一巡して1番浦野選手が3塁強襲安打、2番W15石川選手の放ったライト前ヒットをライトが股間トンネルしてホームイン(記録は残念ながら単打でした)この回に一挙10点を挙げる。今日のW55は、3塁コーチの役割(写真3)。初回は大忙しだった。
 昭島W先発の枝広選手、1回裏、清瀬1番にレフト前ヒットを打たれるも、ラッキーな盗塁死で初回0点の立ち上がり。苦手の2回も乗り切る。
 大量点に守られた昭島Wだったが、5回裏、清瀬Nは、金井選手の3塁打、石井選手のヒット、小寺選手(写真4)の2塁打を連ね反撃の2点を奪う。
 6回表、先頭のW12椎野選手、W15石川選手の連続にヒットで走者が溜まると、代打W55が左中間に2塁打を放って、この回ダメ押しの計4点をあげ試合を決めた。
★昭島W 15対2 清瀬ナイツ
 それにつけても清瀬先発の村山投手。初回は不運も重なりの10失点だったが、2回以降緩急に切り替えてからは、W打線をぴたりと止めた。惜しい投球内容だった。

W55の今日成績 1打数 1安打(2塁打)2打点
通算成績 30打数 11安打 0.367 打点7 四死球3 HR1 








2019/05/15 14:52:00|還暦野球
2打席だった!昭島W55

《5月15日》
 昭島市大神球場。久しぶりの古希の試合。対戦相手は、昭島ガッツ+東京エンデバー+小平ホークス=昭島C(古希選手が少ないため、連合での古希チーム)。双方ともここまで3勝0敗。
 昭島W椎野投手、昭島C須田投手が先発、両チームとも4回まで無得点。5回表、昭島C岸田選手の四球から、8番須田、石島、花木選手が連続してセンター前ヒットで先制。この回、W55のセンターに4本のヒットが飛んできた。ポテンヒットが3本、頭を越された2塁打が1本だった。
 昭島Wは、昭島C須田投手から5本のヒットを打った。3塁打の枝広、椎野選手。2塁打の伊藤選手、いずれも走者が居なかった。
 最終回、昭島C、2死から佐々木選手がショートの後ろにポテンフライ。W55は、約20m走って走ってグラブの先に捕球したが、走りが止まらず、グラブの先から落球。今季の初errorと記録された。このくらいの飛球、練習してきたのに残念だ。
 
他のセンターなら追いついていない打球だったと自負するもエラーはエラーだ。その後に、武藤選手にHRを打たれたので、なおさら悔しい。(アハハ、ごめん 武藤さん)
★昭島W 1対7 昭島C
今日の成績 2打数 1安打
通算成績 29打数 10安打 0.345 四死球3 HR1
・今日はタイミング合ってた。が、2打席だった。近頃、ジワジワと打率を上げてきています。
 








2019/05/13 15:33:00|還暦野球
アレレ?!昭島W55

《5月13日》
 月曜会の練習に参加。昭島市大神球場のツツジ満開。
 今日の月曜会は、参加者が何時もの半分で少し寂しい感じ。試合形式の練習のために、もっと参加して欲しい。
 W55は、バットを立て、スエーをなくし、左足を固定して打つ練習をしてきたので、月曜会ではよい結果が得られると期待していた。
 打撃練習、昭島W小山投手が投げた。小山投手の投球に、W55のバットスピードが全く合わず、ボールが来る前にバットが回ってしまう。何回やってもボールが来る前に振ってしまう。M平岡捕手から「センターに向かって打っては?」と言われたが、最後まで、球が来る前にバットが回ってしまった。アレレだ。
 小山投手は、直球もカーブ回転なのだ。これでカーブを投げられたらワンバンドでも振る感じだ。W55は、今、スエーを全く無くしているために、速い球なら合う感じ。負け惜しみのようだが、今の打ち方を変える気はない。何故ならバットスイングは速くなっているので心配してない、当たればヒットだ。このまま今週からの試合に臨む。
 練習後に。怪我から回復し、今日の練習に参加したW10浦野選手。どうも打撃が不満だったようで牧野選手の指導を受けていた。みんな悩んで大きくなるのだ。
★昭島W55齊藤修








2019/05/12 8:30:39|還暦野球
動画でチエック!昭島W55

《5月12日》
 11日土曜日に公式戦が無かったので、W55は何時ものあきる野Gで自主トレ。体力づくりには、まず、走ることだ。100mを5本も走ると、もう十分と言う感じだ。体力、持久力が衰えているのを感じる時だ。
 60球ほど投げてもらっての打撃練習をした。
@バットを寝かさず 
Aスエーをなくし 
B左足を動かさない 
 を意識してのスイング。固定カメラで動画を撮り、スイングがスムーズかチェックした。

 W55が、バットを寝かさないのは、メジャーの選手のような腰の入ったアッパースイングは出来ないばかりか、右肩が落ちるスイングになってしまい、結果、内野フライが多くなったためだ。
 W55は、自分の打撃欠点の払拭を模索した結果、今の@〜Bのスイングに達した。この横なぐり打法は、強いミートを意識し、還暦野球用に編み出したものだ。結果は良いぞ!
★昭島W55齊藤修








2019/05/08 17:00:00|還暦野球
15分も余った。昭島ホエールズM戦

《5月8日》
 青空の昭島市大神球場。今日の昭島ホエールズは、2部の東村山ライパーズのMチームとの対戦だ。
 昭島W24小山投手、怪我の回復に時間がかかったが、東村山M戦に先発し、初回を抑える。
 初回裏、昭島Wの攻撃、1番W7熊谷選手のセンター前ヒット。W8伊藤選手の四球、3番秋山選手の内野安打で無死満塁。4番W30田中監督見逃し三振。だが、5番W36枝広選手がセンター前に2点適時打を打って先制。
 4回表、東村山は、ライト前ヒットの2番真野選手を置いて、5番大野選手がセンター前ポテンヒットで1点を返す。
 試合は、東村山R清水投手が初回の失点以降、2回W24小山選手、5回W8伊藤選手、6回W55の3ヒットに抑える力投で昭島W打線を抑えた。一方、昭島W継投椎野投手、5回〜7回までを9人の完全に東村山を封じた。
★昭島W 2対1 東村山RMチーム
 両チームのエースの力投、両者打線の沈黙、更に、守備の失策もなく、試合はトントンと進み、15分以上残してのスピーディーな省力試合だった。

昭島W55今日の成績 3打数 1安打 0.333
通算成績 27打数 9安打 0.333 打点5 四死球3 HR1
★昭島W55齊藤修
・東村山R清水投手、打てそうで、うてなかったなあ。
 しっかしW55は、ダメだなあ。第1Sを打つのを忘れてる。左足壁づくりも忘れた。打てなくてハット思い出し、第3打席でHR性ファールの会心の当たり、次に中に入れる修正をして89間に、この日のヒット。
 
要は、練習してきたことが試合で出来なければ××××だ。だが、打席で修正できるようになってきたことは練習の成果か? 良い方に考えよう。








[ 1 - 5 件 / 327 件中 ] 次の5件 >>